流木の飾り棚・物置台・スタンド

流木作品は色や形状などを見てその雰囲気を楽しむのがメインですが、作品の中には癒しやアート的な意味以外にも生活の中で実用品としてシッカリと機能するものもあります。「コロボックル工房」の作品は癒しとアートを中心にしつつ、同時に実用品的なものもどんどん作っていく予定です。

流木素材は九州の綺麗な海や山奥の清流・湖などでとれたものです。それを源泉百パーセントの高温の温泉及び蒸気で殺菌・消毒後に乾燥したものが「温泉流木」です。
詳細 ⇒ HP 温泉流木

「温泉流木」を加工し作品を仕上げます。そして温泉によって清められた自然の芸術作品は癒しの木工品に生まれ変わりました。

 

◎ 「もの置台」のサンプル写真

もの置台 – 流木スタンドは小物を置いたり飾り棚として用いたり流木アートとしてオブジェ・インテリアとして楽しむなど各々の想像力で使い道は様々です。まだ作品数は少ないですが今後どんどん新作を追加・販売していく予定です。4つの作品のサンプル写真を下に貼っています。

詳細は商品・販売ページにてご覧ください。(販売ページの掲載商品は入れ替わり及び新規追加など変動します。)⇒ 販売ページ – 「もの置台」

 

流木 販売 グリーンスタンド・(エアープランツスタンド)

コロボックル手作り工房」では様々な流木を作製・販売中です。流木作品以外にも自然素材を使ったアート作品を作っていますが、流木作品は様々なものを製作中でまだ全作品を掲載・販売はしていませんが準備が整い次第、随時掲載・販売してく予定です。

現在販売中のものは「グリーンスタンド」 「エアープランツスタンド」を含めた花器や、「ジュエリースタンド」「ディスプレイ・オブジェ」、「招き猫石」などがです。

流木は高熱の温泉で殺菌・洗浄乾燥加工温泉をかけながら仕上げの磨き⇒ 乾燥、の工程ですが、ものによってはオイルや木材保護塗料を塗ります。
詳細 ⇒ HP 温泉流木

ここからさらにそれぞれの作品によって金具をつけたり絵をかいたり、シーグラスドングリ・松ぼっくりなどをつけたりします。 まだまだ品数・種類が少ないですが今後、流木アート・流木インテリアの種類や品数もどんどん増えていく予定です。

流木はでとれるものとでとれるものがありますが、個々の違いだけでなく採れる場所でも大まかに雰囲気が異なります。形状や色・模様以外にも重さ・肌触りなどの質感もそれぞれに異なり、それぞれがユニークであったり芸術的であったり素朴なホンワカさがあったりします。

 

◎ グリーンスタンド(エアープランツスタンド)のサンプル写真

↑トップの写真はグリーンスタンド(エアープランツスタンド)です。

この商品には「飾り用の人工の多肉植物と根元を茶色の粘土で固めたもの」がついて、装飾にはサンゴ・貝をつけています。

エアプラントを育てない場合はそのまま流木オブジェとして飾っていても良いですし、穴にエアプラントを差し込んで育てることも可能です。穴の径は小サイズのエアプラント専用です。

詳細は商品・販売ページにてご覧ください。(掲載商品は入れ替わり及び新規追加など変動します。)

販売ページ – グリーン スタンド

 

絶滅危惧種 ヒゴタイの咲く草原と丘~池山水源へ

九州は去年に続き、今年も自然災害が起きました。大分・福岡で大きな水害が起き、現在も復旧作業が続いていますが、人々は災害に負けず元気に逞しく日々を生きています。

九州の大自然の真っただ中に住んでいるので、自然のパワーはとてもリアルに感じますが、九州の自然はとても豊かで力強く美しいので大好きです。

先日、絶滅危惧種のヒゴタイの咲く草原に行きました。

ヒゴタイ公園は熊本県阿蘇郡産山村にあり、産山村は昨年の大地震の震源のひとつで(震度6強の揺れを観測)、池山水源をはじめ、九重山と阿蘇山を望むとても美しく自然豊かな場所です。

ヒゴタイ公園では8月~9月はヒゴタイ、そして春はハルリンドウ、秋はコスモスを見ることが出来る見晴らしの良い小高い草原の丘です。ここから少し離れた場所には池山水源があり、久しぶりにそちらにも行きました。

阿蘇のなだらかで雄大な丘は、まるで何事もなかったかのように、花々は風に揺れて草木は輝き、平和で静かな景色と青い空が広がっていました。

毎分30トンという豊富な水量を誇る池山水源は環境省の名水百選にも選ばれた清らかな水源ですが、こちらも変わることなくそのままの姿でした。写真を複数撮ったのでまとめました。