絶滅危惧種 ヒゴタイの咲く草原と丘~池山水源へ

九州は去年に続き、今年も自然災害が起きました。大分・福岡で大きな水害が起き、現在も復旧作業が続いていますが、人々は災害に負けず元気に逞しく日々を生きています。

九州の大自然の真っただ中に住んでいるので、自然のパワーはとてもリアルに感じますが、九州の自然はとても豊かで力強く美しいので大好きです。

先日、絶滅危惧種のヒゴタイの咲く草原に行きました。

ヒゴタイ公園は熊本県阿蘇郡産山村にあり、産山村は昨年の大地震の震源のひとつで(震度6強の揺れを観測)、池山水源をはじめ、九重山と阿蘇山を望むとても美しく自然豊かな場所です。

ヒゴタイ公園では8月~9月はヒゴタイ、そして春はハルリンドウ、秋はコスモスを見ることが出来る見晴らしの良い小高い草原の丘です。ここから少し離れた場所には池山水源があり、久しぶりにそちらにも行きました。

阿蘇のなだらかで雄大な丘は、まるで何事もなかったかのように、花々は風に揺れて草木は輝き、平和で静かな景色と青い空が広がっていました。

毎分30トンという豊富な水量を誇る池山水源は環境省の名水百選にも選ばれた清らかな水源ですが、こちらも変わることなくそのままの姿でした。写真を複数撮ったのでまとめました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*