高千穂町 高千穂神社を訪れて

秋に高千穂神社に行きました。最近はようやく気温が下がってきましたが、つい最近までは気温が高く森はまだまだ緑一色な感じですね。

「高千穂」という地は日本書紀の中にも登場します。そして約1900年前に建てられたと言われる高千穂神社はとても清涼で生命力のあるしっとりした空間です。⇒ 高千穂町と日本神話

高千穂神社は御利益は「縁結び・夫婦円満・諸願成就・農産業・厄祓」で、本殿の斜め正面に樹齢800年の秩父杉があり、この御神木は宮崎県の巨樹100選にも選ばれています。

本殿の左側に夫婦杉(めおとすぎ)があり、この杉の根元を大事な人と時計回りに手を繋いで3回るとよい、と言われています。

本殿の右側の奥の方には「鎮石(しずめいし)」なるものがあります。とても小さなエリアですが、この「鎮石」に悩みや世の乱れが鎮められる、と言われています。

このあたりは九州の大自然の中でも森がとても深い場所で、大分県と宮崎県にまたがる祖母・傾・大崩山系は「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」として2017に登録されました。高千穂町を含む2県6市町等で構成されたエリアです。

高千穂神社だけでなく、近くには見どころの多い場所が点在し自然も豊かな場所なので、観光や登山・ハイキングにおすすめの九州の秘境のひとつです。写真を撮りましたので何枚か下に貼っています。(クリックすると拡大します。)

絶景 押土石の丘  

押土石の丘は熊本県阿蘇郡南小国町にある自然が生み出した巨石群です。古代文字(ペトログラフ)が岩に刻まれている、シュメール文明とつながりがある、などいろいろな憶測が飛び交う不思議な場所です。

確かにここは雰囲気的にはUFOが出てきそうな不思議な場所なんですが、ここに何度も訪れて感じることは「人為的なものじゃなく自然に形成されたもの」という自然感覚です。

人工的な環状列石遺構(ストン・サークル)と認められるほどの科学的な根拠はなく「落雷によって亀裂模様が刻まれたり磁化が起きた結果の自然現象」とみたほうが感覚的にも科学的にも正しいんじゃないかなぁと私は思います。⇒ 押戸石の丘

古代遺跡的なパワースポットということは一切抜きにしても、この場所は久住山と阿蘇山と周辺の山々を一望できる360度の絶景が広がる気持ち良く美しい場所です。歩く距離も程よく丘もなだらかで勾配もそれほど苦にはならず、休日のちょっとしたハイキング感覚で楽しめる場所なのでおすすめです。

今年の春ごろに訪れた際の写真を貼っています。( 写真はクリックで拡大し「→」をクリックでページを移動します。

原尻の滝

 

大分県豊後大野市の緒方川にある「原尻の滝」は、幅120m・高さ20mの滝で「日本の滝百選」にも選ばれている名瀑です。この滝の形成は独特で、約9万年前のおきた阿蘇山の破局噴火で発生した膨大な火砕流によって形成された特殊な滝です。

このあたり一帯は2017年に日本ジオパークに認定されています。通常大きな滝は山の中にありますが、原尻の滝は周囲は険しい山ではなく田園地帯であることも特徴的で、自然に出来た岩の割れ目を水が流れているため、滝の上にも道があり歩けるのが面白いです。

滝は駐車場のすぐ近くにあり、ぐるっと一周の距離も短すぎず長すぎずちょうどよい感じの距離で、傾斜もほとんどないため老若男女問わず気軽に見て回れるコースです。吊り橋からは真正面から滝全体を見ることが出来ます。

周囲はのどかな景色でチューリップの花畑があり、チューリップフェスタが毎年4月に開かれています。⇒チューリップフェスタ2017

近くに道の駅がありレストランがあります。滝周辺には古民家風なカフェ「花水車」があり、芝生広場親水広場などリラックス出来る広い場所もあるのでゆっくり気分で過ごせます。今年の春ごろに訪れた際の写真を貼っています。( 写真はクリックで拡大します。